<   2009年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

自転車買ったら六本木まで行ってみたい

定期があった頃は本当に気軽に六本木や丸の内へ行ったもんだけど、
今や行って帰ってくるだけで輸入盤のCDが一枚買えてしまうくらいのお金がかかるわけで、
大した目的もなしに気軽にってわけにはどうもいかないんだな。
ましてや飲み会のためだけに新宿に行くのだって悲しいものがあるんだよ。

青梅マラソン30kmを2時間半で走ったと考えれば、3時間もあれば余裕で六本木まで行けるんじゃねーの
とか思ったりもするけれど、それはあまり現実的とは言えないので僕はとりあえず自転車を買うとする。

ホントはね、5・6万程度のドロップハンドルのミニベロを買いたいってのがあるんだけど、
やっぱ先輩とレースに出ることを考えると、フルサスかハードテイルのマウンテンバイクにするべきなのかなって思うわけ。
ちょっと前まではジェイミスのダカールがいいとか言ってたけど、まぁおそらくビアンキのフェロカバロの2010年モデルが初秋にでも発表されれば、予約して買ってしまうだろうと思う。12万くらいかなー。
何でも、2009年モデル(ほとんど品切れだけど)は材料費が高騰していたときに発表されたから例年よりも高く、2010年モデルの方が確実に安く買えるってサイクルメイトの兄さんは言っていた。

とりあえずあと半年くらいは粗悪な中国製の折りたたみ自転車でもいじくって遊んどきます。
暑い時期が過ぎ去ったら自転車で六本木まで行ってきましょう。


a0030817_22191379.jpg



さて、ギャラリー間の企画展示は毎回手が込んでいて、無料のくせにかなり楽しめる。
その時ばかりはTOTOが好きになってしまうんです。INAXのギャラリーだってもちろん素敵なんだよ。

クライン ダイサム アーキテクツって、こんなに長いこと日本を拠点に活動してる人たちとは知らなかった。しかも、ダイサム氏は自分が入学する前の年まで大学に講師としてきていたらしいことも知らなかった。講義受けてみたかったな。

建築って夢がある。いい建築をたくさん見ると、どこからともなく、
動き出したくなるような熱い気持ちがわき上がってくる感じがする。

建築家になりたいとは言わないけど、将来自分の家を建てることがすごく楽しみだ。


a0030817_21351727.jpg



ここ数ヶ月、美術館や映画から優れたリーダーの姿をたくさん見てきました。
アーツアンドクラフツ運動を広めたウィリアム・モリスだったり、キューバ革命のチェ・ゲバラだったり、福沢諭吉だったり、劉備や諸葛孔明だったり。
一人の人間がこんなにも大きく世の中を変えることができるというのは、リーダー不在の不安定な中にいる僕にはあらためて衝撃的な事実でした。こんなところで静かに我慢しながら生きてる暇なんてないよなーって思うんです。


目的があるからリーダーがいる。何かを変えたいからリーダーがいる。
何かを変えたいという目的のために動き出すことは熱いことだ。
熱いものに人の心は惹かれる。苦労しても楽しさがある。
結局のところ、熱さが全く足りてない。
だから恐ろしくつまらなく虚しい。

今の僕はただ仕事をするだけの機械です。

それでもいいからせめて7時前に家に帰らせてほしい。
夜の11時なんて人が働く時間じゃない。
[PR]

by I_love-JESUS | 2009-04-29 21:37  

一年に一度BRAVIAを買う男の話


去年に引き続きまたBRAVIA32インチを買おうかと思う。型落ちのモデルをお安く買おうかと。
エコポイント前買い控え対策のポイント増らしい今日この頃に。
40インチにすると選択肢がグンと広がるんだが、ちと大きすぎる気がするんだ。
BRAVIAも37インチを出してほしい。

そして、いつの間にか発売していたウォークマンXシリーズ?触ってきたけど、
特に驚きとか興奮とかなんも無かった。いや、値段への驚きがあった。高い!
あと2年早く発売してれば売れたかもね。

それと比較すれば尚更auのiida G9が魅力的。
落ちついてて綺麗なピンクいいけど、サイドのクロームメッキがあれなんでシルバーかな僕は。

auへ転出まであと半年ってとこか。それまでに多少なりとも安くなってほしい。
ここにきて2年契約の辛さをちょっと実感している。
特に恋人専用に契約するのは気をつけた方がいい。使いもしない携帯代毎月引かれてますからね。
額は小さいながらも、大学の学費に充てた奨学金の返済よりも重みを感じる悲しい支払いです。
[PR]

by I_love-JESUS | 2009-04-26 20:02  

ある種の忘れていた告知的なこと

先週から私の通う陶芸教室は個展をやっている。

今日が最終日であり、雨という最高の天気である。


昭島駅を南口へ降り、左に歩いていくてすぐの小さなビルでそれは人知れず催されている。

そこに並べられているのは、ほとんどが年寄りくさいヤル気の失せるような茶碗や、主婦の趣味で作られたような世間では "かわいらしい" ともいわれそうなお皿ばかりで、それに混じって僕のような始めて1・2ヶ月の素人が作ったどう見ても練習のような歪んだ器たちが、小さな部屋に無造作に置かれている。
そんな超素人集団の悲しき成果物の寄せ集めに囲まれ。初日に顔を出して以来どうしても足を運ぶことが出来なかった僕であったが、そんな僕に周りのおばさん連中は少なからず不満を持っているらしく、今日はこれから一日受付をしなければならなくなった。

今までほとんど告知なんてしてこなかったわけだけど、そんな状況であるからして、
来て後悔する覚悟があるのなら、誰か訪ねてきてくれる人がいれば嬉しく思う。
[PR]

by I_love-JESUS | 2009-04-25 10:21  

別世界


「裸になりたい気持ち、分からないでもない。ちょっと騒ぎ過ぎじゃないか」 

石原慎太郎はコメントした。


騒ぎすぎってくらい騒いでることを、今日になるまで知らなかった自分は、
恥ずかしい と心境を語った草彅氏よりも恥ずかしいと思った。
なんだか世間から取り残されて、もう一つ別の小さな空間でひっそりと暮らしているような、
小動物にでもなってしまったかのような気分がした。


しかしながら、確かに騒ぎすぎな気はする。
飲んで裸になってたなんて、バラエティー番組の笑い話で使ったっていいくらいの話じゃないか。

カメラに囲まれて頭を下げる草彅氏を最初に見て、まるで嘘の話のような感じがした。
SMAPの他のメンバーもテレビ出にくいじゃないかこれじゃあ。
[PR]

by I_love-JESUS | 2009-04-25 10:04  

2008年最高の映画がついにDVD化

ずーーーーーーーーっと楽しみにしていたDVDが今日ついに発売!!

GSワンダーランド!!GSブームの再来だ


またこれ観たら、ミクに恋しちゃう。やばいな~

栗山千明が可愛すぎる!
[PR]

by I_love-JESUS | 2009-04-25 01:04  

鼠の話



夕闇が空を被い始めるころ、彼は同じ道を辿って彼自身の世界へと戻っていった。

そして帰り途、捉えどころのない哀しみがいつも彼の心を被った。

行く手に待ち受けるその世界はあまりにも広く、そして強大であり、

彼が潜り込むだけの余地など何処にもないように思えたからだ。



村上春樹 『1973年のピンボール』 より

[PR]

by I_love-JESUS | 2009-04-23 00:20  

GWは希望そのもの

劇的な変化がほしい。下がり続ける気持ちを別の領域へ飛ばしてくれる明るい変化がほしい。
エンドレスな重さ、この暗い気分を変える変化がほしい。

俺は陶芸がやりたかったのであって、おばさんたちと交流することや先生の作品を売ることなんか望んでいないわけだし、
ついこの前まで元気だった家族が突然入院して、死ぬんじゃないかってとこまで追い込まれるとは思ってもいなかったわけだし、
私が先輩と同じように仕事できないからって先輩同士がもめたり、席替えのストレスで上司が休みがちになったり、陰口が絶えない職場やこんなにも尊敬できない人間の下で働くなんて去年の配属の頃には考えもしなかったことだし、
恋愛もこんなにうまくいかなくてこんなに辛い思いをするなんてわからなかったし、


負の連鎖って言葉が異様なほどしっくりと当てはまる近頃の自分の心境だけど、
困ったことにどうしたら抜け出せるのか全然わからない。月を追うごとに胃痛の頻度は増してる気がするし、朝の目覚めも呆れるくらいよくない。
学生の頃は春休みや夏休み、クラス替えやコース選択等である程度リセットされていた気持ちが、全然切り替えられないままずるずると積み重なってのし掛かってきているような気分。重い。

きっと冷静に考えれば楽しいことや恵まれていることはたくさん見つかるだろうと思う。
だけど、そんなことを素直に喜ぶ余裕なんて、今の僕には全く残されていない。

病院に行ったら確実に躁鬱病と診断されるでしょうね。
もし入院したら小説を読みまくってやろうと思う。そしたら小説家にでもなるか。



いつかこの時期の苦悩を懐かしく誇らしく思える時間と自分に出会えますように。
[PR]

by I_love-JESUS | 2009-04-18 23:17  

無題

今号のAERAに出てくる一文です。

「出向先の工場は地元採用の高卒社員がほとんど。休憩時間はパチンコや風俗の話ばかりで、キャリアアップを目指す自分とは話が合わない。社内では『若いうちの地方経験こそが成長に繋がる』と言われているけど、この状況でどうやって信じろと言うんですか。まだ入社数年だったのに、転職が頭を過ぎった。」



それぞれの職種でつらさはあるだろうが、
この気持ち、孤独感は本社や研究所で働くみなさんにはわかるまい。






最近ほんとうに不安定。成長してるような気になっているけど、
これが良い方向に進んでいるのか、正直よくわからない。

漠然と思うのは、3ヶ月くらいニートになってみたい。ということ。
こんな気持ちを抱えながらも、明日の朝になればいつも通り職場にいって、
先輩と笑いながら話をするんだろーなって考えて変な気分になる。


僕はいつでも道を外れることができない。その思い切りの悪さがすごく嫌いだ。
[PR]

by I_love-JESUS | 2009-04-16 00:06  

田舎に泊まろうを見て思う

初めて行った土地の、偶然出会った人と、たった半日くらい一緒にいただけで、
次の日帰る時にはお互い大泣きしてしまうほど切ない気持ちになれるなんて。

人間って、日本人って、
ホントはすっごい温かくて、寂しがり屋で、優しいんだなと思ったのでした。


そしてスザンヌさんは、奇跡と呼べるほどかわいいと気付いた。素敵すぎ。
みんなに幸せを分け与えてやってくれ。
[PR]

by I_love-JESUS | 2009-04-12 21:14  

春が咲く季節

気持ちのいい青空にも、寂しげな夕暮れにも、静かな夜の暗闇にも、完璧なほどの美しさを感じさせる桜には溜め息すら溢れる。
この季節、どこへ行っても見事な桜に出会うことができる日本に生まれて良かったと思う。

もう満開ですね、と先輩と話した週末から数日が経ち、灰色の地面にはピンク色の花弁が散りはじめ、一面桃白色だった枝には鮮やかな緑の葉が色づき始めている。


春は嫌いだった。
春はいつも別れの季節で、環境の変化は僕を悲しい気持ちにさせていたと思う。
全てのやる気を無くそうとするような重い心苦しさは今年も例外ではないけれど、そんな別れのイメージよりも今では新しいことへのチャレンジや出会いへの期待感が強くなってきたように感じる。
そう言い聞かせるしかないんだけど。


週末はどこかへ出掛けよう。
自分の信じた道を通って
[PR]

by I_love-JESUS | 2009-04-10 08:12  

  ページ最上部