<   2009年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

変化

先週くらいから、職場その他で、急激にいろんな人から褒められたりするようになった。

ついにまわってきたって感じ。気分がいい。
[PR]

by I_love-JESUS | 2009-06-30 00:39  

読書は静かで深い会話の時間

社外勉強会(交流会)に参加してきた。
魅力的な人と出会え、刺激を受けた。思いがけず休日が充実した。
人脈づくりというか、新たな人との出会いはやはり嬉しいし、可能性も感じられるし、いいものだ。
自分の魅力もどうにか磨きたい。経験が足りなさすぎる。努力が足りなさすぎる。焦る。


パーティーに行きたい!



さて、何気ない読書についてあらためて考えてみて気付いたことがある。

読書は一人の時間を楽しんでいるようでいて、行われているのは自分との対話だ。
答えがわからず探している場合もあれば、自分の持っている答えに同意を求めている場合もある。
読書は会話に近い要素を持っている。

また、読書はモードチェンジのスイッチにもなり得る。
心を静め、熱くさせ、嫌なことをも忘れさせる。集中力を高め、勇気をくれる。

読書は、隙間を埋める接着剤のような役割に使われることも多い。
空白の時間に意味が生まれ、不愉快な気分を抑えるサプリメントのような働きもする。


読書で世界は広がる。
豊かになれる小さな旅路。

More
[PR]

by I_love-JESUS | 2009-06-28 18:54  

楽天のユニフォームを着た新庄が見たい


タイトルに意味なし。

文章にも意味なし。



最近、駅のホームや改札近くでの、カップルの別れのシーンがいいなと思う。


切ない別れもいいし、熱い別れも、若々しくていいと思うんです。
自分もあんな風にまわりを気にせず恋に夢中になった時期があったよなーと懐かしい。



いつの間にか本格的に夏日で、一年経つのなんて本当にあっという間だけど、この一年間充実してた気がするなと思うのと、どうすることもできない暑さに、また悩まされる日々が始まるんだなと憂鬱な気持ちもあります。

gap pressでニューヨークと東京の秋冬コレクションをチェックしてると、余計に夏なんか早く終わってしまえと思う。重ね着しまくりたい。


この夏、今まで以上にいい出会い、いい思い出をつくりたいです。より変化のある夏にしようと思います。




a0030817_050874.jpg

[PR]

by I_love-JESUS | 2009-06-27 23:35  

不景気なんて知らない


仕事なんていくらでもあるのさ。
欲しいのは時間だ。
a0030817_051572.jpg

[PR]

by I_love-JESUS | 2009-06-27 01:04  

きっと全てがうまくいく

その先の人生が大きく変わる瞬間や選択は、今までいくつも通ってきたし、
これからも大きな決断に幾度か迫られることだろうと思う。

今日なんて本当に平凡で何も変化のないような一日でいて、明日もこんな風に何気なく過ぎ去ってしまいそうな、そんな自然発生的な冷めた予感が僕を無気力にさせるのだけれども、実は明日、僕は人知れず大きな勝負に出ようと計画を立てている。
明日は人生が大きく変わるかもしれない大事な日に、なる可能性がある。

変えられるか変えられないかは自分次第で、そして相手次第で。

失敗は恐いけど、自分から動かなければ、妄想は妄想のまま、理想は理想のまま、
希望はだんだんと薄くなっていくように思う。
ただずっと機会の訪れを待っているのだとしたら、まわりの先輩と同じような状況に、いつの間にかなってしまうんだろうと焦りを最近感じる。僕は彼らとは違うんだ。

もし失敗したら、一時の夢は消え去るかもしれない。
けど、失うものは実はほとんど無く、また次の何かに進む原動力となるだろうと期待する。

僕はつかみとりたい。
僕には高い理想がある。
譲ることのできない夢がある。
[PR]

by I_love-JESUS | 2009-06-25 01:11  

音楽の祭典に遭遇した

僕は夢の中にいた。


ふたまわりも年が離れた会社の先輩と、高校の友人と3人で僕らはどこかへ行った。
その帰り道、青梅線の中神駅に近づくと、そこはイタリアだった。

「ディズニーシーと違ってここは本物なんだよな」

僕は言った。


駅の手前で一人帰ろうとする先輩を引き留め、その先にある公園を目指す。

イタリアの街並みを抜けると、そこには一面緑の芝生が広がる大きな公園がある。
そして、その公園には白いマントを被ったたくさんの人たちが、
どこからともなく列を成すように集まっていた。

カラッと晴れた日差しの下、緑と白のコントラストは気持ちのいい印象を僕に与えた。
近づくとそこに日本人の姿はほとんどなく、おそらく英語であろう言葉が早口に飛び交っている。

遠くからの印象とは裏腹に、その集団にはとても奇妙な空気が漂っていた。

人の群れをかき分け、僕は走った。その先に何があるのか確かめる必要があったからだ。
列の先頭では4・5人の男女が小さな噴水のようなものを囲んでいるのが見える。
その噴水の上には金色の僅かに丸みを帯びた三角形のオブジェのようなものがあり、
人々はその金の塊を有り難そうに拝んでは水をかけ、撫でているのだった。

「これはいったい何なんだい。」僕は尋ねた。


看板のようなものを指して彼は答えた。



「 音楽の祭典さ 」











夢から覚めると、久しぶりにジャージへ着替えて走りに行った。


夏草の香りは、まだ中学生だった頃の汗臭い記憶を痛いくらい鮮明に思い出させる。
僕はなぜか切なくなる。
[PR]

by I_love-JESUS | 2009-06-20 10:43  

休日は美術館へ行こう。

東京オペラシティアートギャラリー「6+ アントワープ・ファッション展」へ行ってきた。
過去2回足を運んだオペラシティの展示は、とても刺激的で大変満足できるものだったし、
最近ファッションへの興味も増してきたこともあり、かなり期待していただけに、
今回の展示内容は正直かなり物足りなく、展示の仕方もイマイチだった。
21_21並の物足りなさ。

会場作りが全然なってないと感じた。そんなの初めて。新人がやったのかなー見せ方がヘタクソだ。

そんな中で、一番気に入ったのはヴェロニク・ブランキーノの2000-2001秋冬コレクション。
小さい画面の中からでも、会場の空気感とブランドの力強さがしっかりと感じられるショーだった。

ファッションショーを生で見たいんだけど、誰か連れてってくれませんか?


21_21もアートギャラリーも会員だから、今年の展示は全部見に行くつもりだけど、
こんなん一般1000円じゃ高いよなー。値下げか内容の充実を願います。
今んとこ、いつも満足なのは森美術館だけだな。



アントワープの歴史に触れた後で、無性に服が欲しくなったので新宿伊勢丹men's館へ向かう。
WWDで見たようなコレクションアイテムを端から眺め触れてきた。
上の展示なんかよりずっと刺激的で興奮したけど、かなーり金銭感覚が麻痺。
あんなもんを平気な顔して買ってる人たちが信じられない。そんな自分はボウタイを一つ購入。
ヨウジの入荷したてのボウタイが13000円。。さんざん迷った末に、結局別のお安い方に。
お金はあってもなかなか使う勇気がないという現実。

その後UNIQLOでパンツ2本とTシャツ2枚とパーカ1枚を購入。そんなに買っても7000円以下。
何が高くて、何が安くて、どれが適正価格なのかもう判断はつかない。

結局買うのはいつもUNIQLOと無印良品。
来年正月のセールでは新宿伊勢丹へ直行してみようと思う。



解散宣言をしたらしい Number(n)ine はどこか活気が無く、
コレクションでも「売れる服が少なすぎる」と酷評されていたけど、
ほんとに売れる気配が無かった。中には欲しいと思える服もあったけど、
どう考えても値段のケタを一つ多く付けすぎたとしか思えないプライスは考え直した方がいい。
綺麗で、作りもすこぶる上質で丁寧。だけど、着て街中を歩けるかっていったら自信ない。


僕が高校の頃、UnderCoverと並んでジャパンファッションのトップブランドだったNumber(n)ine
もっとずっとカッコいい服作り続けててほしかったよ宮下さん。ジョニオはがんばってる。

変化するのがファッションだけど、ナンバーナインはブランドのアイデンティティみたいなものがあまりない気がするんだ。それが輝き続けるヨウジさんや川久保さんとの違いだと感じた。解散はまだ早い。
せっかくここまで成長したブランドを終わらせてしまうのは、もったいないし、日本のファッションにとっても惜しいこと。宮下さんが退くのは良いとしても誰かが引き継いでブランドは存続させてほしいと思います。

ここ半年くらいで行った美術館などを振り返ってみる。
[PR]

by I_love-JESUS | 2009-06-07 10:47  

気のせい の "せい" は、妖精の "せい" なの?


再度忠告しておく。


後ろ姿で妄想を広げすぎるのは危険だ。世の中そんなに甘くない。

広がってしまった想像は、想像のまま心にしまっておくんだ。

決してその目で確かめようなんて思ったら駄目だ。現実の厳しさを知ることになる。




理想のひとなんていない。

むしろ理想なんてもの、本当はないんじゃないのか。


だから理想のひとなんてどこにもいない。
けど、出会ってからそのひとを理想と思うことは、きっといくらでもできるんだろう。

でも僕はまだ若いから、しばらくそれに気付かない振りをしたいと思う。





もうすぐ本格的に夏がやってくる。
春が来ないまま夏を迎えるなんてことは言えない。
この冬、春は思い出だってたくさん出来た価値のあるいい季節だったと僕は思う。

とりあえず感謝する。さよーなら。
[PR]

by I_love-JESUS | 2009-06-04 22:39  

  ページ最上部