<   2009年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

5連休は、2連休や3連休とは全く違う大きな価値がある

思えば、夏休みは仕事の都合で飛び石だったし、G.W.も仕事から離れられず気の抜けない休暇だった。

今回、休むために週末3時くらいまで働いたりはしたものの、連休中は運良く担当のお仕事がほとんど無く、5連休全部をとることが出来、なおかつ会社からの電話も一度もなかった。快挙!
おそらく職場で丸々休みとれたのは私だけのはずだ。

久しぶりに会社を忘れてのびのび出来てすごく幸せな気分を味わえた。最高な気分さ。

飲みに行ったり、映画観たりしただけで、旅行などの遠出は特にしてないのだけれど、明日は何しよう、次はどこ行こう、と好きなことだけ自由に考えて過ごせたこの数日間は、驚くほど健やかな気持ちになれた。

それでもさすがに今日は明日からの仕事を意識してしまうけれど、今日は今日で、上野を歩き回った一日の余韻に浸ることができるので悪い心地はしない。

上野では、以前から会いたいと思っていた人とも初めて会えて、なんだか妙な感じなんだけど藝大のデザイン専攻の仲間に少しだけ加えさせてもらえて、藝大生気取りが出来て楽しかった。
それでもいろんな人と上手く話せなくて心残りなので、また何か機会があればいいなーと思う。

自分はなかなか勇気が出ず、自ら動けない良くない性格があるので、もう少し進んでその場を楽しめるような性格に変えていかなきゃと思う。せっかくの貴重な機会を逃したくはないのでね。

a0030817_19523298.jpg


この連休に、久々同期に会ったことや、上野で藝大の人たちの作品に触れたこと、いろんなことから刺激を受けて、じっとしてつまらない毎日を過ごすのは嫌になった。安易に転職には踏み出せないものの、どうにかこうにか環境を変えたいと思う。

外の世界に思いっきり踏み込んで、外側から自分の状況を眺め、先のことを考えることができるこのような時間、仕事から離れた長い連休は絶対に必要だ。また一段と強くそう感じた。
たまには"いつもの生活"から離れないと、自分というものを見失いそうで危ない。


いつ振りかわからないくらい久しぶりに会った同期から、ずいぶんと成長したなと言われたことは、さりげなく嬉しかった。以前の自分には無かったまともな意見を自然と言えたような気がする。

入社当初とは大きく変わり、最近では同期の集まりになると否定的でネガティブな意見が多くて正直不愉快だ。営業がどんだけ辛いかは私には全くわからないが、話だけ聞いてると何かと周りのせいにして、会社や上司を一方的に悪者にして文句を言う人が増えた気がする。誰がこの会社を選んだのだろう。知らんけど。

確かに、魅力的な人がこの会社には極めて少ないと感じる。いろんなことに保守的だし、古くさくてセンスが悪くて生ぬるい。だけど、だけどというか、ならばもう少し自分からどうにかしたいって意志を示してほしいというのが私の意見。与えられることに慣れすぎてる。

新人の積極性を見ていて自分への反省を含めてそう思う。

お前ら何か忘れてしまったんじゃないのか。
[PR]

by I_love-JESUS | 2009-09-23 19:14  

3日連続の

一昨日は仕事で朝まで会社に。
昨日は完全に寝過ごして高尾で一泊。
そして朝帰り3日目となるであろう今日は、八王子でダーツです。

5時までやるぞ。大会出るぞ。とすっかり最近ダーツブームの先輩と共に。

ほんで明日のダーツ後は、また別の先輩のとこ行って自転車を譲ってもらいます。
ピスト車。これでバイシクル・メッセンジャーに転職しようと思います。ビュビューンと。


こーたくん、大久保ちゃん、社長!自転車の旅に出かけようぜー
[PR]

by I_love-JESUS | 2009-09-20 16:06  

閣僚人事

入社当初、古臭さと不信感からギリギリまで労働組合への加入を拒んでいた私でありますが、
この度、現職役員様方からの熱いご推薦を賜り、我が支部青年委員幹事長を任されることとなりました。
概ね30代以下の組合員のトップに立ちます。すごいことです。
2年目の中身を何も知らない新人が、このような大役を任されることなど、滅多にないことでしょうけど、
有益な人脈形成と、その先への他にない近道と捉え、引き受けることを決意いたしました。
いわば、私はハワードストリンガー。だけど、出井さんであり井深さんになりたい。名を残そう。
そのためにはかつての盛田あきおさんのような頼もしい仲間が必要です。
つきましては、中研分会の同期の皆様には是非ともご協力いただきたいと思っております。
楽しみながらやりたいです。

全青年組合員が満足できる取り組みを、これからの2年間実行していきたいと思います。
よろしくお願い致します。
[PR]

by I_love-JESUS | 2009-09-18 00:27  

ルミネで雑誌を買い漁ってみる

雑誌にしてもペットボトルなんかにしてもだけど、ここ数年、ほんと付録ってもんが豪華すぎやしないか。

特に最近ファッション誌の付録が、付録と雑誌のどっちがメインかわからんくらいしっかりしてる。
MARC JACOBSやzucca、TSUMORI、ARMANI、Cath Kidston、X-girl、Cher・・・・
トートバックとかポーチがついて600円から1000円ちょいで買えるのは、やや高級なブランドのネームがついてるにしては安すぎる。お得感はかなりあって話題性と知名度向上には一役買うだろうけど、ブランド価値を下げてる気がしてあまり好ましくないと私は思っている。とかいいながら今日は買ってしまった。

a0030817_23315224.jpg

得した気分になれるのは間違いない。しかしながら、どんだけ利益あるんだろう。
[PR]

by I_love-JESUS | 2009-09-13 23:31  

「小栗旬みたいにしてください。」

髪を切った。

切るほどの長さでもなかったのだけれど。
行きつけのお店、いつも指名する美容師さん。

注文もシンプルに? 平気でこんなこと言えるのは頼もしい。
けど、特に雑誌を見るわけでもなく、私も美容師さんも、
小栗旬て今どんなだっけ。。といった感じでうろ覚えの中、
ほぼ手探りで切ってくれました。なかなかの仕上がりかと。さすが。


会社に入ってからというもの、髪を切りに行くごとに短くしてる気がする。
学生の頃には、もう短くすることはないだろうっておもっていたのにな。


a0030817_2071498.jpg

unoのFOGBARを買った。
小栗旬、瑛太、妻夫木。この3人が並んでることが妙に豪華だなと。

このパッケージとカラーが、深澤直人を感じる。まさかね。
[PR]

by I_love-JESUS | 2009-09-13 20:07  

アートとファッションとデザインと

夏休みが飛び石になったおかげで、平日休みを一日ゲットした。先々週の話。
平日休みと言えば美術館に行かねばならぬ。ということは六本木なわけである。

六本木21_21(いつも物足りない)にて「骨」展
a0030817_2148810.jpg

山中俊二さんは期待を裏切らない。今までの企画展で最高の内容間違いない!
アートとデザインを横断するテクノロジー。さすが理系卒。
a0030817_21493212.jpg

好奇心を誘う作品がたくさん。これは行って損ないよ。山中さん、あなたは素晴らしい。

a0030817_22234817.jpg

新宿・風雲児にてつけ麺

a0030817_21351821.jpg

新宿オペラシティアートギャラリーにて、鴻池朋子展「インタートラベラー 神話と遊ぶ人」
"インタートラベラーとは閉じられてしまった肉体の壁をひょいと乗り越え、境界をかろやかに往還する旅人のことである。ちっぽけな己の全身の毛を総毛立てて、とにかくここから移動する。風の抵抗をうけて出遊するのである。"
パンフレットの期待薄感を120%裏切る衝撃。完成度高し!こちらも素晴らしい内容。
作品に出会ったときのとんでもないインパクト。細部までのこだわり。女性らしい遊び心。
忘れかけていた空想する気持ちを呼び起こしてくれるような、非現実な世界はまさにアートの真骨頂。
心震える体験です。

さて、こんなこと仕掛けるアーティスト鴻池さんとはどんな人なんだろうかと。きっととんでもない変わり者なんだろうと、思っていたら、意外とそこらへんにいそうな薄ら美人で、ほんとに意外や意外。
アーティストっていっても、草間さんみたいな人ばっかりではないんだなと知って、少しホッとした。
a0030817_2135435.jpg

オススメです。お値段以上◎


六本木、ギャラリー間(TOTO)にて「カンポ・バエザの建築」展
a0030817_2151413.jpg

今まで全然知らなかったですこの人。でも、ものっすごい気持ちのいい建築をたくさんつくってる。
ただシンプルなだけじゃない。とにかく気持ちがいい建築、空間。
将来家建てるときは、この人の建築を少しでも参考にしたいと思います。家建てたい。
a0030817_2202559.jpg

ギャラリー間の展示方法はいつも凝ってる。無料なのにすっごい楽しめる。
TOTOもINAXに負けずいい会社なのかねー。なんて思ったりする。

普通、企画展というのは、まず展示があって、その内容に沿ったカタログが少し高額な感じで販売されるけど、
ここは、TOTO出版の本があって、その内容に興味を持たせる展示を上手いことやってる。
ついつい本を買ってしまう。展示は宣伝なんだ。だから無料なのも納得できる。しかし展示方法がいつも面白い。良い悪いは別として。
a0030817_222958.jpg


a0030817_22265071.jpg

六本木・蒼龍唐玉堂にて担々麺

a0030817_2285924.jpg

アイ・ウェイウェイ展 -何に困って?-
森美術館へ。森美術館は広くて空間を自由に使った展示が楽しめる。ガイドを貸してくれるのも嬉しい。
今回珍しく写真撮影可なのが更に嬉しい。絶対平日の空いた時間に行くべき!
なのだけど、いまいちこの人の作品に魅力を感じない。なんとなく刺激がないアート。
a0030817_22141281.jpg



六本木にてサト氏と偶然出会し、AXISへ。「金の卵」展
a0030817_2215447.jpg

私が卒業した大学の後輩は、立派に一つの作品を作っていた。
俺なんか何もやんなかったよね大学時代。。。
何かをデザインするって、やっぱ面白いなぁって久々に感じる。
コイズミの照明コンペに出したときのことを思い出す。また何かやらないか?
a0030817_2221214.jpg





そして、
半袖のTシャツを着るしかなかった、気怠い夏を越えて、やっと最近涼しくなってきた。
長袖、ストール、ブーツにロングコート、、、はやく重ね着楽しみたい!ジャケット着たーい

秋の到来に心躍る9月。いい季節だ。
[PR]

by I_love-JESUS | 2009-09-06 22:02  

  ページ最上部