<   2010年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

春の嵐のような日々

ついこの前1月だったと思えばもう2月が終わろうとしてる。
置いて行かれそうなくらい時が経つのが早い。
いつの間にかすっかり風は温かくなり、どうやら僕は花粉症を認めなければならないらしい。
春の生ぬるい空気は毎年僕を悩ませる。僕は春が苦手なんだ。


最近単調なようで、いろんな変化がかなり急速に進んでる。いろんな事が変わった。

正月の後すぐ入院した祖母は、今月3日急ぐように他界した。正直言って実感がまるでわかない。
人が死ぬってことへの項目が、まだ僕の脳には準備されていないようだ。
それかどこかで失ってしまったのかもしれない。そんな自分が少し悲しく思えた。
本当はもっと悲しいはずなのに。



去年は母と一緒に祖母も応援してくれていた青梅マラソン。
残念ながらあと数日というところで、祖母は逝ってしまった。入院していた病院は大会公式の待機場所。


そんな、特別な思いを抱えて挑んだ今年の30キロ。
正直言って、練習量は昨年度とは比にならないくらい少なかった。不安でした。
記録更新も出来ずに走るなんて事は自分としては許せないことですから。

昨年は仕事も甘くて時間には余裕あったし、一緒に練習してくれる人もいた。
それに、初めての長距離への恐怖心もあり、とにかく走った。練習した実感を持って本番に臨めた。

今年はある意味、外部要素的な支えが無くなり、実力が試されるレースだった。
あるのは、昨年一度走りきったという経験。


今年もいろんなドラマがあったレースでした。とても簡単に書ききれる程度のもんじゃなく。
相変わらず声援は温かかったし、苦しさもはんぱなもんじゃなかった。
最後の3・4キロは本当に悪夢のような時間で、時間は過ぎるのに距離は全然進まない。
足は言うこときかなくなるし、手は震えてくるし、悪寒がした。明らかに限界を超えた瞬間があった。
死ぬんじゃないかと思った。このまま脚が使い物にならなくなるんじゃないかと思った。

2時間15分くらいで走りきれるくらいのペースから一気にペースダウンし、
終わってみれば昨年とほとんど変わらぬ2時間33分。
全部出し切った感じがした。走りきった後の無力感。ゼロになったって感じ。あの感覚は久々だったな。

少しだけ記録は更新できたものの、やはり練習不足は明かで、満足はできない。来年も出ますよ。
来年こそ2時間半超え、2時間20分超えします。このままでは終われない。



そして、走りきった後のビールは格別においしい。

More
[PR]

by I_love-JESUS | 2010-02-27 23:30  

コインランドラーの憂鬱


しっとりとした小雨の中、いつもの決まったランニングコースを、いつもとは逆の方向へ走っていると、

以前レンタルヴィデオショップだった建物が、

いつの間にか、こざっぱりとしたコインランドリーへと生まれ変わろうとしていた。



一切の棚が取り除かれ、一見コインランドリーには不必要に広すぎる店内には、

淡い緑色で飾り気の無い洗濯機が、静かに何台も肩を並べている。


通り沿いに大きく開かれたガラスの壁面には、半分剥がれてしまったチラシが一枚貼ってあり、

その紙には -(半分は推測であるが)- オープニングスタッフ募集の文字が並んでいた。



そのメッセージを受け僕は、先日出会った求職中の可愛い女の子の姿を想う。
彼女はガラスの向こうから僕に微笑みかける。白くて綺麗な肌、真っ白な制服、白いお店。
それは決して悪くない光景に思えた。だけど僕は少し切なくなった。


そして、働いている今の会社を辞めて、コインランドリーで働き始めたら自分はどうなるのか、
家族はどう思うだろうか、と思いを巡らしてみる。

でも、そこで少し疑問に思う。

そもそも僕がコインランドリーを思い浮かべた時、そこに店員なんてものはいないのだ。


そう、コインランドリーは多くの場合、無人だ。

有人ならば、コインの投入口は必要無く、店員へお金を手渡せばそれでいい。

コインランドリーは、コインを手渡さずに事を済ませることができる公共のプライベート空間だ。
そこにコインランドリーの、コインランドリーらしさがある。

クリーニング店とコインランドリーは兄弟でも親戚でもない別の世界の生き物なんだ。



それなのにコインランドリーのスタッフ募集とは、いったいどういうことなのだろう。



そこから僕は、コインランドリーの持つ可能性について考えてみることになる。



まずはあの味気ない、可愛い気の欠片もない店内を、鮮やかに彩ってみる。

そして、ポップに彩られた洗濯機と乾燥着を横目に、白い丸テーブルと背の高い椅子。

木目調のローテーブルには、質感の良いソファ。そこでは時間がとてもゆっくりと流れだす。


静かで優雅な音楽はどこからともなく空間を漂い、
併設のカウンターではお姉さんが静かに美味しいコーヒーを入れてくれる。

コーヒーの薫りと豊かな音楽、あと一つ必要なもの。それは本。

店長である僕の趣味で集められた世界各地の本が本棚をぎっしり埋め尽くす。

人々はそこで疲れた服と共に気持ちをも綺麗に洗い流す。
何が目的だろうとそんなことは関係ない。コインランドリーには全てがある。


コインランドリーはコインランドリーの枠を越える。そこから新しいブランドが生まれる。

その活動はコインランドリーの枠を越える。コインランドリーは世界を越える。



僕はコインランドラー。


コインランドラーは世界を越える。
[PR]

by I_love-JESUS | 2010-02-15 23:48  

みんなどう過ごしてんのさ今日


昨日の昼ご飯→ミカン
今日の朝ご飯→バナナ&イチゴ

一日一食はラーメンだったりして。
最近、米を食べた記憶があまりない。なんだろうこの乱れきった食生活。
そんで乱れきった睡眠時間。






酔っているのか、寒いのか、眠いのか、もうわけわからん状態で朝帰りして、
二日酔いなのか、空腹なのか、恋してるのか、わからないままケータイ片手にもやもやと一日過ごして、
自分の不甲斐なさと無責任さを反省して、日曜なのに胃痛と闘う。そしてお酒を嫌いになりそう。
とりあえず昨日、日本酒に手を出さなかったのは正解!おめでとう!ありがとう。危ないところでした。

自分はいいけど、自分だけの問題じゃ済まなくなるからな。こわいこわい。

いやぁ何も手に着かない。嫌だなぁこの感じ。
この気分のまま明日会社行くのはきついなぁ。さぁどうしよう。


待ってても何も変わらないとか言いつつ、思い切ってやってみると傷ついたり傷つけたりしてしまうわけ。
それで後悔するわけ。だから余計に何も出来なくなるわけなのさ。
人は何でも静かに生きてる方がやっぱり平和で楽なのさ。なんかもっと上手いこといかないもんかなー。
あぁ無理だな。無いな。リスクがあるから得られる喜びがあるんだよな。
自分だけが上手くいくなんてそんな上手い話は無いんだ。信じるしかないか。
信じる力を身につけるトレーニングを誰か教えてください。そしたら幸せになれる気がします。
[PR]

by I_love-JESUS | 2010-02-14 17:23  

KOTORI

注文していたのをすっかり忘れていましたが、
隣町のフォスター電機さんから素敵なイヤホンが届きました♪

色を自分好みにカスタマイズってのは、スニーカーやPCでもあるし珍しくはないけど、
これ思ってた以上に細かいところまで選べるんでけっこう面白いです。

値段も高くないし、音も恐れていたほど安っぽくはなかったので気に入りました。

身につけるだけで気分が良くなりそう。
何種類か持っていてもいいし、友達とかと一緒に注文するのもいいかも。

a0030817_19572324.jpg

 箱もかわいい。

  KOTORI


a0030817_020820.jpg

[PR]

by I_love-JESUS | 2010-02-11 19:57  

前髪に関する考察~青梅マラソン編~

30分走るあいだに、平均して5回程度、前髪の長さに不快感を感じるとする。

その不快感に起因して、メンタル面に微妙な乱れが生じ、不快感1回あたり約15秒の遅れが生じるとする。

そうすると、30分あたりで75秒。すなわち1分15秒のロス。

30kmを2時間半程度で走る私は、トータル6分15秒の遅れを生むことになる。

そうか、前髪は切った方がいいな。




今年の青梅マラソンの目標値は、

54㌔

体重。
あと2週間ちょっと。なんとかなるかな。体はもちろん軽い方がいい。
[PR]

by I_love-JESUS | 2010-02-05 02:18  

あるガジェッターのことば


君を見ているんじゃない、
君が手にしているそれを見ているだけだ。
君に興味はないんだ。
君が僕に興味がないのと同等かそれ以上にね。




まぁ、そういうときもある。
ガジェットに惹かれてその人の魅力が増すようなことももちろんある。
モノ選びにはその人の考えや性格がよく表れる。




さて、青梅マラソンまで3週間を切りました。
この冬ケータイをauに変えたので、Run & Walk アプリを今日初めて試してみました。
今まで全く使う気もなかったし、何の期待も興味も無かったんですが、はっきり言って、

これは面白い気がするー。

GPSで居場所や距離を測って、ペースを知らせてくれて、
インターフェースも何か妙に男心をくすぐる感じがします。久々一人楽しく走れました。

仕事の後に10㌔くらい走れたら十分だね。
最初の5㌔くらいはきついけど、いったん辛いとこを越えてしまえば、
あとは10㌔50分程度のペースを保って気持ちよく走れそうな手応えはあった。

やや邪道な感はあるけど、今年は音楽聴きながら走ろうかと思う。

流れる曲はエレカシ。熱い。

More
[PR]

by I_love-JESUS | 2010-02-02 23:23  

  ページ最上部